かえる*ブログ

心配性ママの子育て手帖

臨月で引っ越した体験談 利用したサービスや盲点だったこと

f:id:KAERU_mama:20211016141420p:plain

妊娠を機に引っ越しを検討される方、多いと思います。

妊娠中に引っ越すか出産後に引っ越すか悩むところですよね。

 

私は事情があり、臨月で引っ越しをしました。

この記事では、実際に私が臨月で引っ越した体験談を書いています。

私が悩んだこと利用したサービス盲点だったことなども書いていきます。

出産前後で引っ越しを考えている方、いつ引っ越すか悩まれている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

臨月で引っ越すか、出産後に引っ越すべきか

f:id:KAERU_mama:20211025200520p:plain

妊娠中に引っ越すなら安定期に入ってから、妊娠後期までに引っ越すのが良いとされています。

しかし、そう上手くはいかないこともありますよね…。

私も上手くいかなかった内の1人でした。

 

我が家は妊娠を機に戸建てを購入しました。

建売りでしたが、引き渡し予定日がなんと出産予定日の1ヶ月前

引き渡し後にオプション工事なども入る関係で、入居できるのが2週間後…

もう正期産に入っており、いつ産んでもおかしくない日程です。

初めは、

臨月で引っ越すなんてとてもじゃないけど無理!!
絶対出産後に引っ越す!!

と思っていました。

しかし、徐々に出産前に引っ越したいという思いが強くなりました。

臨月でも出産前に引っ越したくなった理由

その理由はこの3つです。

・引っ越さないとローンと家賃を重複して払わなければならない

・赤ちゃんを広くてきれいなお家で迎えてあげたい

・赤ちゃんがいる状態で引っ越しできるのか想像がつかなかった

引っ越さないとローンと家賃を重複して払わなければならない
元のアパートは10万近い家賃を払っていました。
ローンは家の引き渡し後から始まります。
引っ越さないと両方一緒に払わないといけません。
出産前に引っ越すのが怖いと思っていた時期は、それでも良いと思っていました。
しかし、家計的に不安が…
新しい家族が増えるので、出来るだけ出費は抑えたいと考えました。
赤ちゃんを広くてきれいなお家で迎えてあげたい
私がもともと住んでいたのは、狭い1LDKでした。
入居した時は新築できれいなアパートでした。
しかし10年近く住んでいたこともあり、もうきれいとは言い難い状態に…
ベビーベッドもギリギリ置けるか置けないか、という狭さで赤ちゃんを迎え入れることは難しいと感じてました。
赤ちゃんがいる状態で引っ越しできるのか想像がつかなかった
私にとって初めての育児。
慣れない育児をやりながら、引っ越し作業を同時進行できる自信がありませんでした。
実際、出産後は産後のダメージと睡眠不足でいっぱいいっぱいでした。
引っ越しなんて考える余裕もなかったな、と思いました。

臨月で引っ越すと起こる問題

f:id:KAERU_mama:20211025202237p:plain

臨月で引っ越すのは怖いけど、出産前に引っ越したい…!

そう思った私は、臨月で引っ越すとなるとどんな問題があるのか考えてみました。

私は県内での引っ越しでしたが、こんな問題が考えられました。

・産院が遠くなってしまう

・予定日が近いため、引っ越し当日に出産する可能性がある

・引っ越し作業でお腹に負担がかかる可能性がある

産院が遠くなってしまう

当時住んでいたアパートから、出産予定の産院は車で7分程度の距離でした。
 
引っ越すと車で30~40分の距離に…。
初産の私には、これがとても不安でした。
 
もちろん転院も考えました。
しかし、出産予定の産院がとても人気の産院で、予約も取りにくいところでした。
ここで産んでみたいという思いが強かったです。
また、今更転院することにも不安がありました。

予定日が近いため、引越し当日に出産する可能性がある

先程も書きましたが、
家の引き渡しが出産予定の1ヶ月前。
それからオプション工事がいくつか入るので、引っ越しできるのは出産予定日の2週間前でした
引っ越し当日に、出産している可能性も考えられました。

引っ越し作業でお腹に負担がかかる可能性がある

引っ越し作業は、どうしても重い物を持たなくてはいけないことが出てきます。
私は夫と2人暮らし。
夫も仕事で忙しい。
引っ越し作業を2人だけで行うと、私もどこかで重い物を持つことが出てくるかもしれません。
お腹への負担が心配でした。
 

問題への解決策

f:id:KAERU_mama:20211025202608p:plain

臨月の引っ越しで起こる問題。
これがある程度解決したので、臨月での引っ越しを決意できました。
私の取った解決方法について書いていきます。

産院が遠くなってしまう問題に対して

これに関しては、産院と相談しました。
 
産院の助産師さんからは、同じような距離のところから通っている人もいるため、問題ないというお返事を頂きました。
初産なので陣痛が始まってから向かっても間に合うでしょう、とのこと。
 
これを聞き、産院は変えずに引っ越ししても大丈夫そうだと思うようになりました。
 
実はそれでも多少不安はありました。
本当に間に合うのかどうか、出産当日までドキドキしていました。
 
でも結局、助産師さんの言う通り、陣痛5分間隔になってから向かっても余裕でした。
出産したのは病院到着から8時間後でしたので…。
 

さすが助産師さん!

 

引っ越し当日に出産している可能性に対して

これは夫と相談し、本当に引っ越し当日に陣痛や破水などがあれば義母に来てもらうとにしました。
義母は少し離れてはいますが、同じ県内に住んでいるため、いざとなれば頼ることも可能です。
義母にも話をし、もしもの時は協力を得られることになりました
 
 
これで引っ越し当日に、自分がいなくても大丈夫な状態となりました。
また、引っ越し後に行う手続きも、夫が平日に休みを取れたため任せられることになりました。

引っ越し作業によるお腹の負担に対して

これは、引っ越し会社の荷造りサービスを利用させて頂きました。
このサービスには本当に助けられました。
 
下着や貴重品類は自分で梱包しますが、それ以外の荷物はほとんどそのままの状態で梱包をお願いしました。
 

もう少し片付けや梱包をしたかったですが、やはりお腹が苦しく無理でした…。

 
荷造りサービスのおかげで、ほとんどお腹に負担のかかることようなことがありませんでした。
 
荷造りサービスは、引っ越し前日にやってくれました。
引っ越し当日にやってくれる業者もあります。
 
しかし我が家が依頼した業者の営業さんからは、
「作業員さんに指示が必要になるので、当日全てやるのはお客様が疲れると思います。」と説明されました。
 
実際当日全てやるのは厳しかったと思います。
特に我が家は荷物が多かったので、当日全てやっていたら作業員さん達が倒れてしまいそうです。
 
荷造りサービスを利用してみた感想はこちらの記事で詳しく書いています
 
ちなみに、荷解きサービスは利用しませんでした。
荷解きは自分たちで、ゆっくりやりたいと考えたからです。
 

引っ越し当日とその後

f:id:KAERU_mama:20211025215637p:plain

運良く、引っ越し当日に陣痛が来ることはありませんでした
 
来て下さった引っ越し作業員の方々も、妊婦の私を気遣ってくださったので、特に当日も無理をすることはありませんでした。
 
結果的に、引っ越しを無事に済ますことができました。
 
山のような荷物を荷造りしてくれた作業員さん達。
そして山のような段ボールを素早く丁寧に運んでくれた引っ越し作業員さん達。
本当に感謝です。
 
荷解きは夫と協力してできる範囲で行いました。
 
そして私はほぼ予定日通り、その2週間後に無事出産しました。
 

盲点だったこと

f:id:KAERU_mama:20211025203117p:plain

これは盲点だった、と私が感じたことをご紹介します。

引っ越し前後の掃除

荷造り、荷解きが一番大変だと思っていた私。

しかし、意外と辛かったのが引っ越し前後の掃除でした。

 

もともと住んでいた家の掃除

賃貸だったので綺麗にして返さなければなりません。

 

そして、引っ越し先の家の掃除

新築といえど工事などで床は汚れているので、引っ越し前に拭き掃除が必要です。

また、水回りの掃除などもあります。

 

夫と協力して行いましたが、掃除する箇所も多くかなり大変でした。

特にもともと住んでいた賃貸の方…。

10年近く住んでいたので、落ちにくい頑固な汚れがいろんな所に…。

いろいろなタイプの洗剤を購入し、ひたすら擦ったりすることも。

臨月でやるのはしんどかったな…

ちなみに、妊娠中に床掃除やお風呂掃除などをする場合は、柄の長い掃除道具を使う方が楽だと思います。

私はこちらの道具を購入して、なるべく前屈みにならないようにしました。

お風呂掃除に↓

床掃除に↓

雑巾がけは臨月のよい運動になる、という話もありますが引っ越し前後の掃除はやることが多く大変です。

出来るだけ無理をしない方がいいと思います。

 

また、専門会社に依頼するのも手だと思います。

この記事を書くにあたって、掃除をもっと負担なく済ませる方法はあったのかな?と調べて初めて知りました。

引っ越し前後の空室清掃を行ってくれる専門会社があったんです。

専門店の安心、引越し前後のお掃除は定額制の、引越しハウスクリーニング専門店・ミガクる

料金は定額制・繁忙期の土日祝も変動なしとのことなので、わかりやすく利用しやすいと思います。

一番大変な水回りの清掃だけでも依頼出来るようです。

詳しいサービスの内容や料金体系はホームページでチェックしてみて下さい。

こうしたサービスを利用するのが、一番負担は少ないと思います。

先に知っていればなぁ…

陣痛タクシー

もし妊娠中に引っ越しされる方で、陣痛タクシーを利用される予定がある方はご注意ください。

私は同じ県内での引っ越しでした。

しかし引っ越し後に陣痛タクシーの住所変更を申し込んだところ、その住所地では範囲外のため迎えに行けないと言われました。

ま、まじで…?!

それから慌てて別会社の陣痛タクシーに登録し直しました。

登録完了まで1週間かかる業者もあり、その間に陣痛が来ないかハラハラしました。

陣痛タクシーの確認は余裕を持ってしておいた方が良いです。

確認すべきこと、まとめ

私の経験を踏まえ、臨月で引っ越すなら確認しておくべきことをまとめておきます。

確認事項まとめ

・転院は必要かどうか

・引っ越し当日に自分がいなくても大丈夫か

・手続き関係は家族にお願いできるか

・お腹に負担のかかる作業をせずに引っ越せそうか

 →協力者はいるか、サービスは利用できそうか

・陣痛タクシーの登録は大丈夫か

最後に

私の場合、体調も良かったため、運良く無事に引っ越すことが出来ました。
 
やはり妊娠中に引っ越す場合は、安定期に入ってから妊娠後期に入る前までに済ませておく方が、体への心配や悩みは少ないと思います。
 
また、出産前後での引っ越しは絶対に無理をしない、これが一番大事だと思います。
 
体調を考慮し、周囲の協力を得る、引っ越し会社のサービスを利用するなどして、無理なく行ってください。
 

以上、臨月で引っ越した体験談でした。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。